公開連続講演会「リーダーシップ論」最終回(8月4日)

――少子高齢社会に おける女性リーダーとリベラルアーツ

10年目の節目を迎える「リーダーシップ論」。
集大成となる今回、基調講演の講師にお迎えするのは、本学で家族社会学という
学問に出会い、社会階層と不平等、格差など、現代社会の諸問題に対して優れた
実証研究や提言を重ねてこられた社会学者の白波瀬佐和子氏(本学大学院修了)
です。
今回のご講演では、ご自身のキャリア形成や少子高齢社会における女性の活躍を
めぐる課題、リーダーシップを発揮する上で鍵となるリベラルアーツの現代的意
味についてお話しいただきます。
続いて、歴代の「リーダーシップ論」講師―山口一男氏、北村節子氏(本学文教
育学部史学科卒)、野村浩子氏(同学部国文学科)―をパネリストに、今、そし
て、これから求められる〈グローバル女性リーダー〉像について討議します。

日時:2018年8月4日(土) 14:00~17:00
会場:お茶の水女子大学共通講義棟2号館2階201室
定員:先着200名(要申込み、参加費無料)
託児:先着15名(申込期間は最長7月26日正午まで)

お申込み先その他の詳細は下記ウェブサイトをご覧ください。
グローバルリーダーシップ研究所
http://www.cf.ocha.ac.jp/igl/j/menu/event/20180804leadership.html

皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

コメントは受け付けていません。