概要

お茶の水女子大学卒業者(旧東京女子高等師範学校までの前身校、ならびに付設教員養成所の卒業生を含む)の同窓会です。
会の目的は、学術、文化、教育等の進展、および女性の社会的活躍に寄与し、あわせて会員相互の啓発、互助を図ることにあります。

お茶の水女子大学は東京女子師範学校として1875(明治8)年に設立されました。
校舎敷地は、江戸時代の学問所、湯島聖堂(当時男子師範学校として使われていた)の西隣に選定されました。そこは桜の木が多く江戸時代から桜の馬場と呼び慣らわされた場所であったことから、桜蔭会の名も生まれたようです。
桜蔭会の創設は1904(明治37)年です。1914(大正3)年社団法人となり、日本全国・海外に現在約25,000人の会員がおります。2004年春に百周年の祝賀行事を行いました。

これまで行われた主な事業として次のようなものがあります。

桜蔭学園の設立

1923(大正12)年の関東大震災後、時代の要望に応え、当時の会員の熱意により翌1924年4月桜蔭女学校開校。続いて1926(大正15)年4月23日5年制高等女学校の設置認可を得ました。その後順調な発展をとげて、1951(昭和26)年学校法人桜蔭学園となり、本会から独立しました。
現在も校長、理事は桜蔭会員中から推薦されます。

母校に対する協力

(1)関東大震災後のピアノ寄贈、1931(昭和6)年プール建設、1938(昭和13)年志賀高原通称山小屋建設に際しての寄付、体育振興のための度重なる寄付。
(2)図書館充実のための書籍と寄付金による協力。
(3)1963(昭和38)年大学院修士課程設置に際しての全面的な協力活動。
(4)1970(昭和45)年度開設の理学部附属館山臨海実験所の用地獲得についての地元会員による多年にわたる尽力。
(5)1995(平成7)年より2年間、母校120周年記念募金を実施。その寄付金による大学の事業の一環として、お茶の水女子大学歴史資料室が、桜蔭会館2階に開設。大学の国際交流基金として保留されていた寄付金は、2002(平成14)年度より海外留学生ならびにアジア女性研究者の支援事業に充てられています。
(6)2004(平成16)年桜蔭会百周年を記念して母校に1千万円を寄付しました。
(7)2006(平成18)年度から、毎年度100万円を研究助成金として寄付します。これを母校では「お茶の水女子大学桜蔭会研究奨励賞」として、母校の学部を卒業し引き続き母校の大学院博士前期課程に進学する学生5名に20万円ずつ授与すると決定しました。

母校学生に対する奨学金の贈呈

1909(明治42)年に始まり現在まで続いている奨学金制度は、現行では毎年3年生4名に各10万円を贈呈。財源は全て会員の寄付金によっています。

桜蔭会館の建設

1961(昭和36)年、当時の会員の寄付金により、現在の鉄筋コンクリート2階建の会館を建設。
会の行事や、各種会合に利用。

所在地 〒112-0012 東京都文京区大塚2-1-6

コメントは受け付けていません。