会員の皆様のご参加を!

桜蔭会会長 髙﨑みどり

桜蔭会では目下、「会費・寄附のゆくえを見定めよう」を合言葉にしております。その一環として、桜蔭会関係の奨学金については、その授与の報告ばかりでなく、勉学の成果も会員の皆様に報告する必要があると考えております。

加えて、今、母校ではどんな研究や教育がなされているのか、我々の学んだ頃とどんなふうに問題関心が違っているのか、興味津々ではないですか?ご自分の専攻とは異なる分野であっても、いや、違っているからこそ、新鮮な驚きや面白さがあり、一生懸命打ち込んでいる姿にちょっとうるっときたり…そんな経験をみなさまに味わっていただきたく思います。

そのようなわけで、このたび、桜蔭会国際交流奨励賞受賞者帰国報告会を行いますので、皆様、ぜひぜひご参加をお願いいたします。


桜蔭会国際交流奨励賞受賞者(1名)帰国報告会(zoom)

  • 日時:2022年9月4日(日) 15:40~16:20
  • 受賞者の研究テーマ:ATLAS実験におけるベクトルボソン散乱断面積の測定
  • 留学先:スイス 欧州原子力機構(CERN)

???なテーマ名ですが、スライドなどを使ってわかりやすく説明してくださるようにお願いしてあります。コロナ禍の最中に渡欧した厳しさや、またスイスでの生活の楽しさなどもお伺いしましょう。質疑応答の時間も十分とってあります。素粒子物理学は多くのノーベル賞受賞者を輩出していますね。期待してますよ、とプレッシャーをかけてみましょう。9月2日(金)までに以下のお問い合わせからお申し込みください。Zoom参加URLをお送りいたします。